10,000円以上のご注文で送料無料
10,000円以上のご注文で送料無料

季節のお茶花 定期便

季節に応じた茶花を、
根が付いた状態で定期的にお送りします。
切り花・葉物としてお好きなだけ
ご使用いただけます。

私たちの思い

私たち近江綴園は日本の造園の技を受け継ぐ会社です。庭の設計から石の配置、木の剪定方法や苔の選び方に至るまで、長年伝えられてきた技を使っています。それは、京都の名庭匠・小島佐一に師事した寺下弘が、しっかりと引き継いできたもの。現在ではスタッフ全員が「庭の匠」として、小さな技にも誇りを持って仕事をしています。

日本の庭づくりには長い歴史があります。日本では、自然は支配するものではなく、その力を借りて生きることがまず考えられました。庭もその考えに従ってつくられてきました。庭に自然の力が宿れば、そこには四季が生まれ、風が吹き、木漏れ日が揺らめきます。近江綴園が山採りの木を使うのは、自然の力を庭に呼び込むためなのです。

この考え方を現代の暮らしに合うように進めていったのが、REWILDING(リワイルディング・再自然化)というスタイルです。近江綴園は、健やかな雑木の庭を増やしていき、持続可能な庭、自然との結びつきのある場所をつくりたいと考えています。

そして、日本文化を、庭を通して伝えていく使命を感じている私たちの生活文化に根差しているのが、茶道です。この文化により深く触れ合うなかで、REWILDINGという私たちの考えが、茶道という日本文化を継承していくためのお手伝いになれないかと思ったのがきっかけでした。

「花は野にあるように」

そう千利休は茶席の花を説きました。

切り花を提供するのではなく、根が付いた状態でお送りする。花や葉を切り取ったあとの根は返送していただき、私たちはまたそれを一から育てる。こうして私たちは、自然の循環を尊重し、自然の力を借りながら、役目を果たせていければと思っています。

定期便の仕組み

1.

季節の山野草を、根がついた状態でお届けします。一度にお送りする種類は 3種類前後で、ご希望の頻度でお送りします。

2.

茶花としてお好きなときにお好きなだけ切ってご使用ください。

3.

使用後は、 お届けした段ボールで根を近江綴園へご返送ください。 同封の着払い伝票をご使用いただけます。

4.

また一から近江綴園にて大事に育てます。

旬のお茶花

各月にお届けする旬のお茶花の参考です。

睦月 一月

土佐水木

如月 二月

山茱萸

弥生 三月

山桜

卯月 四月

都忘れ

皐月 五月

杜若

水無月 六月

山紫陽花

文月 七月

松本仙翁

葉月 八月

木槿

長月 九月

紀伊上臈杜鵑草

神無月 十月

紅葉

霜月 十一月

白玉椿

師走 十二月

水仙