10,000円以上のご注文で送料無料
10,000円以上のご注文で送料無料

ショップのよくあるご質問



  • 店頭販売はしていますか?
  • 店頭での直接購入・お渡しは致しかねます。ご注文はオンラインストア、電話、FAXでお受けします。
  • 売り切れた商品の再入荷時期は?
  • 仕入は毎週月曜日に実施しております。流通の都合上、ご希望に沿えない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 返品・交換できますか?
  • 花の苗や樹木の植物につきましては、商品の特性上返品不可とさせていただきます。
    その他の商品につきましては、未開封品に限り返品・交換を承ります。
    ただし次の場合は、返品・交換がお受けできません。
    • 商品到着後3日以上経過した場合
    • 包装商品の開封された場合
    • お客様のご都合による場合(思ったものと違った、数量を間違えたなど)
    • お客様ご都合により、キズまたは汚損が生じた商品
    ※いずれも不良品の場合は除きます。
    ※ご不明な点は、お気軽にお電話、またはお問い合わせフォームまでご連絡ください。
  • お庭に植える場合(地植え)
  • 石が混ざっていれば取り除き、土の容量に対して3割くらいの割合で堆肥をよく混ぜ合わせ、元肥を入れましょう。
  • 山野草を鉢植えする場合
  • 赤玉と鹿沼土を1:1の割合で合わせて混ぜたもので鉢に植えましょう。
  • いつ?
  • 基本的には、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。土が乾くタイミングも植物の根っこが呼吸するために必要です。
  • 量はどのくらい?
  • 鉢植え植物に水やりをする量は、鉢底の水抜き穴から水が抜け出てきたらO.Kです。
  • 夏場は?
  • 夏の季節の水やりは、日中の時間帯は避け、1日に2回、早朝と日没前後の夕方の時間帯に水やりをしましょう。また葉っぱに水をかける葉水もとても有効です。
  • 何を?
  • 粒状の化成肥料をやりましょう。直径2~3mmくらいの粒のもの。
  • 量はどのくらい?
  • パラパラッという感じです。詳しくは肥料袋の使用方法に従ってください。
  • いつ?
  • その植物の生育期に1ヶ月に1回程度です。(休眠期に葉は肥料は必要ないです。)
    ※注意 植物の種類によっては肥料を必要としない期間があります。
  • どうするの?
  • 花殻を摘み取りましょう。
  • なぜ?
  • お花が終わると、そこに種を作ろうとして栄養分が種に集中して、次に開花するお花に充分栄養がいかなくなるからです。種を採取するよりはお花の観賞が目的だからです。
  • いつ?
  • お花が萎れるごとに、早いうちに一つ一つお花を摘み取りましょう。
  • どの部分で?
  • 萎れたお花の付け根から茎を下にたどっていって、茎の分岐している股の部分で摘み取ります。その途中に花芽があるときには花芽の手前で摘み取りましょう。
  • 鉢植え
  • お部屋の中に飾るときには、窓が全くないトイレなどは置かないようにしましょう。光合成ができなくなって枯れてしまいます。
    基本的には、日光の入るお部屋に飾っていても、日当たりが不足がちになりますので、時々は外に置くか、直接陽の入る窓際に置きましょう。
    ※日光の当て加減は、日光を好む植物や、影を好む植物など様々なので、種類に適した管理をしてあげましょう。
  • 水やり
  • 基本的には、湿気を好みますので、苔の表面が乾いたら、霧吹きで湿らすか、やジョウロで水をやりましょう。
  • どうすればいいの?
  • 植物の葉っぱが虫食いになっているときには、その植物をよく見まわして害虫がいないか観察し、いた場合は殺虫剤を使用するなどして駆除しましょう。
  • 宿根草とは?
  • 宿根草は、多年草という分類の中に属し、多年草の中でも冬季に地上部分が全て枯れてしまうものが宿根草です。
  • どうするの?
  • 地上部分の茎や葉っぱが枯れてしまったら、土の表面のところで切ってしまいましょう。春になると、新しく芽が吹いてきます。 切った後は、基本的には、春までそのまま置いておくだけです。根っこの部分は冬の間も生きています。気温が寒すぎて凍てて枯れる場合がありますので、寒さに弱い性質の植物は寒さ対策を講じましょう。
  • どのタイミングで?
  • 地上部分がひとまりも二回りも大きくなり、鉢の中の根っこが詰まってきたら、現状の鉢よりもひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。
  • お庭に植える場合(地植え)
  • 石が混ざっていれば取り除き、土の容量に対して3割くらいの割合で堆肥をよく混ぜ合わせ、元肥を入れましょう。
  • 山野草を鉢植えする場合
  • 赤玉と鹿沼土を1:1の割合で合わせて混ぜたもので鉢に植えましょう。
  • いつ?
  • 基本的には、土の表面が乾いたら水やりをしましょう。土が乾くタイミングも植物の根っこが呼吸するために必要です。
  • 量はどのくらい?
  • 鉢植え植物に水やりをする量は、鉢底の水抜き穴から水が抜け出てきたらO.Kです。
  • 夏場は?
  • 夏の季節の水やりは、日中の時間帯は避け、1日に2回、早朝と日没前後の夕方の時間帯に水やりをしましょう。また葉っぱに水をかける葉水もとても有効です。
  • 何を?
  • 粒状の化成肥料をやりましょう。直径2~3mmくらいの粒のもの。
  • 量はどのくらい?
  • パラパラッという感じです。詳しくは肥料袋の使用方法に従ってください。
  • いつ?
  • その植物の生育期に1ヶ月に1回程度です。(休眠期に葉は肥料は必要ないです。)
    ※注意 植物の種類によっては肥料を必要としない期間があります。
  • どうするの?
  • 花殻を摘み取りましょう。
  • なぜ?
  • お花が終わると、そこに種を作ろうとして栄養分が種に集中して、次に開花するお花に充分栄養がいかなくなるからです。種を採取するよりはお花の観賞が目的だからです。
  • いつ?
  • お花が萎れるごとに、早いうちに一つ一つお花を摘み取りましょう。
  • どの部分で?
  • 萎れたお花の付け根から茎を下にたどっていって、茎の分岐している股の部分で摘み取ります。その途中に花芽があるときには花芽の手前で摘み取りましょう。
  • 鉢植え
  • お部屋の中に飾るときには、窓が全くないトイレなどは置かないようにしましょう。光合成ができなくなって枯れてしまいます。
    基本的には、日光の入るお部屋に飾っていても、日当たりが不足がちになりますので、時々は外に置くか、直接陽の入る窓際に置きましょう。
    ※日光の当て加減は、日光を好む植物や、影を好む植物など様々なので、種類に適した管理をしてあげましょう。
  • 水やり
  • 基本的には、湿気を好みますので、苔の表面が乾いたら、霧吹きで湿らすか、やジョウロで水をやりましょう。
  • どうすればいいの?
  • 植物の葉っぱが虫食いになっているときには、その植物をよく見まわして害虫がいないか観察し、いた場合は殺虫剤を使用するなどして駆除しましょう。
  • 宿根草とは?
  • 宿根草は、多年草という分類の中に属し、多年草の中でも冬季に地上部分が全て枯れてしまうものが宿根草です。
  • どうするの?
  • 地上部分の茎や葉っぱが枯れてしまったら、土の表面のところで切ってしまいましょう。春になると、新しく芽が吹いてきます。 切った後は、基本的には、春までそのまま置いておくだけです。根っこの部分は冬の間も生きています。気温が寒すぎて凍てて枯れる場合がありますので、寒さに弱い性質の植物は寒さ対策を講じましょう。
  • 何を?
  • どのタイミングで?
  • 地上部分がひとまりも二回りも大きくなり、鉢の中の根っこが詰まってきたら、現状の鉢よりもひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。